映画『テラフォーマーズ』あらすじ、感想

映画『テラフォーマーズ』は大人気マンガの実写映画化です。
マンガの『テラフォーマーズ』は作:貴家悠さん、画:橘賢一さんによる漫画で、週間ヤングジャンプにて連載中です。
監督は実写映画化には定評がある三池崇史さんです。

あらすじ

21世紀、人口爆発を迎えた人類が選択した火星移住計画。人類はコケと“ある生物”を送ることで火星を地球化させようとした。それから500年。計画の仕上げのために火星へ送り込まれた隊員15人のミッションは、その生物の駆除。ところが、“ある生物”は人型に異常進化した凶暴な驚愕生物へと姿を変え、隊員たちに次々と襲いかかる。絶体絶命な状況のなか、彼らの身体に秘策が仕込まれていたことが明かされる。昆虫のDNAによって虫の姿に“変異”し、超人的なパワーを発揮できるのだ。騙されたことに怒りながらも、どう猛すぎる力を与えられた小町小吉(伊藤英明)のもと立ち上がる隊員。ついに人類対テラフォーマーの壮絶な戦いが始まる!だが、その裏で、もうひとつの陰謀が着々と進んでいた─。

映画『テラフォーマーズ』登場人物

小町小吉(演:伊藤英明

秋田奈々緒(演:武井咲)

武藤仁(演:山下智久)

蛭間一郎(演:山田孝之)

ゴッド・リー(演:ケイン・コスギ)

森木明日香(演:菊地凛子)

堂島啓介(演:加藤雅也)

大張美奈(演:小池栄子)

大迫空衣(演:篠田麻里子)

連城マリア(演:太田莉菜)

手塚俊治(演:滝藤賢一)

本多晃博士(演:小栗旬)

映画『テラフォーマーズ』見どころ

火星に送り込まれた人たちはバグズ手術と呼ばれる昆虫化の手術を受けています。
それは火星にはテラフォーマーという進化したゴキブリがいて、そのままでは火星に移住できないのです。
そのテラフォーマーたちを掃討するためにバグズ手術を施された乗組員たちが火星に送られたのです。
では、どんな昆虫を組み込まれたのでしょうか。
たとえば小町小吉はオオスズメバチです。
オオスズメバチは凶暴で戦闘向きの昆虫です。
秋田奈々緒はクモイトカイコガです。
クモイトカイコガは鋼鉄の強度の糸を1000m紡ぐことができると言われています。
武藤仁はサバクトビバッタです。
サバクトビバッタは主に足技でテラフォーマー達を倒していきます。
蛭間一郎はネムリユスリカです。
ネムリユスリカは仮死状態になると急激な温度変化や放射線、真空状態などにも耐えることができるのです。
ゴッド・リーはミイデラゴミムシです。
ミイデラゴミムシは、過酸化水素とハイドロキノンを体内で合成することで、手から超高温の爆炎を放出することができます。
森木明日香はエメラルドゴキブリバチです。
エメラルドゴキブリバチはゴキブリに毒を注射して動きを止め、卵を産み付けることができます。
堂島啓介はパラポネラです。
パラポネラは体長が2.5センチもある蟻で、刺されると銃で撃たれたような激痛が走ると言われています。

映画『テラフォーマーズ』まとめ

ゴキブリが気持ち悪くて気持ち悪くて…つらかったです。